日焼け&花粉で仕事中に鼻水が止まらなくなり、体調不良を疑われた!

2020年4月16日

・犬を飼い始めて、アレルギーに拍車が!

私は2年前から犬を飼い始めてから、外出する機会が増えました。
初めてのペットなので、最初は家の近所を軽く周るだけだったのですが、
犬との生活が慣れてくるに連れて遠いところに足を運ぶようになりました。
段々と生活がアクティブになっていくにつれて、自然の中なども行くようになり、
インドアだった私が植物と太陽の下にいる時間が長くなりました。
小さい頃には花粉なんてまったく気にしないで良かったのですが、
徐々に目がかゆい、肌がかゆい、鼻水、くしゃみが出るといった症状が気になり始めました。
大したことなかったアレルギーが外出によって、花粉の曝露量が増えたのでしょう。
風呂に入ると、内股のところが痒くなってきたり、鼻水が止まらなくなり、対処をしないと鼻水は止まることがなくなってしまいました。

・仕事中でも止まらない鼻水

そんなアレルギー症状が大きくなったところで、これは仕事中でも様々な支障が出るようになりました。
事務系の仕事をしているのですが、事務所はバタバタと忙しい時間もあれば、みんな座っていて静かな時もあります。
忙しい時間帯の中であれば、花粉の症状がでてもちょこちょこ動きながら鼻をかんだりする余裕は出てきます。
しかし、何回かんでも出てくる鼻水になってしまって、仕事の雑音や動きがないときにはやはり目立ってしまいます。
特にアレルギー薬を切らしてるときは一日中の鼻水の処理になってしまい、
何回も席を立ってどこかに行く人に思われてそうだと感じてしまい、鼻をかんではまずいかな?と心が窮屈になってきます。

・コロナウイルス警戒中につき

職場でコロナウイルスの警戒が続いているところで、ある晴れた一日がありました。
冬から春に向かって、朝日が昇るのが早くなっていた時期。
私は毎朝の犬の散歩に行きながら、丁度山から朝日が出てくる瞬間を見ることができました。
(もうすぐ春なんだ!)
そんな温かい気持ちになって、わざわざ日の当たる道を選んで全身に光を浴びて爽やかな朝の散歩を終えました。
そしてそのまま職場に向かって、いつものように席について仕事を始めたのですが、いつもより鼻水が出るなと感じました。
しかも、出たら流れっぱなしで、止めることも難しく、始業すぐから何回も鼻をかむために離席しなければならない事態になりました。
職場ではマスクの着用を推奨されていますが、残り少ないマスクだったので、お客さんの前に行かないときはしないようにしています。
アレルギーの鼻水はサラサラしてるので、出始めたら見られたくなくて、慌ててどこかに逃げるような気分でなんとか仕事はしていました。
何回も鼻をかむうちに、皮膚が擦れて赤くなりヒリヒリしてきました。
そして朝の太陽の影響もあって、全体に顔が赤い感じになってしまっていたのです。
そんなところで、ふと部長に
「顔赤いけど…日焼け?」
疑わしい目で見られてしまってバツが悪かったなと感じました。
もう少し日焼けの対策とアレルギーの対策もしておけばよかったと反省するべきだなという出来事でした。