一度治まったと思った花粉症が再発して困った

2020年4月16日

○もちろん花粉症
私はアレルギー体質だ。
十代の頃に血液検査をしてもらったが、
結果をみて愕然とした。
どの花粉に対してもアレルギーがあったのだ。
「スギはダメだけど、ヒノキは大丈夫!」なんてことはない。
立派な花粉症が決定。

しかも犬や猫、ハウスダストなどにもアレルギーがあり、
一年中何らかの物質に対してアレルギー症状が出ることがわかった。
そんなわけで年がら年中アレルギー性鼻炎を患い、
耳鼻科が処方する薬を飲んでしのいでいた。

○花粉症を克服!
学生から始まったアレルギー性鼻炎は社会人になっても続き、
耳鼻科通いにはお金も時間も随分かかった。
そこで我慢の限界に達した私は、
ある日「アレルギー性鼻炎は完治するのですか?」とお医者さんに質問してみた。
すると「体質なので完治は難しいです。治療は症状を薬で抑える形になります。」との答えが。

「治らないなんて!」と一瞬絶望しかけたが、
「いや、何が何でも薬を使わず治す方法を探してやる!」と何かが私の心に火をつけた。

そこから色々調べていくうちに「鼻うがい」が鼻炎にとても効果があることがわかった。
この治療法は多少の初期投資は必要だが、その後はそれほどお金がかからない。
しかも自宅で行えるため、病院で長い時間診察を待つ必要もない。

「鼻うがい」は毎日行う必要があるため、
最初のうちは面倒くさいことも多々あった。
しかし慣れれば習慣化するため、
今度はやらないと鼻がすっきりしなくて気持ちが悪いと思うまでになった。

そして「鼻うがい」を行いながら徐々にアレルギー性鼻炎の薬の服用を減らし、
ついには薬を飲まなくてもアレルギー症状が出ないようになった。

○これで花粉症はもう大丈夫♪
ただ花粉の季節といわれる時期はやはり気を付けていた。
外出時はマスクを着用し、
必要な時以外は屋外へ出ないように注意して過ごした。

その甲斐あってか、花粉の時期でもアレルギーは起こらず、
耳鼻科のお世話になるようなことはなかった。

「これで花粉症から解放されたんだ!」と私は満足していた。

○エッ、くしゃみが止まらない!!!
花粉の季節でも「鼻うがい」によって鼻炎の症状はあまり出なくなっていたが、
目のかゆみは治まらなかった。
だから目のかゆみによって、「花粉の時期だな」とすぐわかるようになった。

その年は目のかゆみが酷かった。
そのため私は仕事の途中でも、辛くなると目を洗いに行っていた。
しかしそれだけでは終わらなかった。

「ハックション!」
アレルギー特有の大きなくしゃみが私を襲った。

「何か、今日は花粉がひどいね。」と、照れ隠しもあり、
私は隣の同僚に声をかけた。
「そうですね。今日は・・・。」
「ハックション!」「ハックション!!」「ハックション!!!」
同僚が言葉を言い終わらないうちに、何度もくしゃみが起こり、止まらない!!!

「ハックション!」「ハックション!!、ハックション・・・・!!!」
ずっと症状が治まらず、鼻が出てきて、頭もボーっとする。

「薬を飲んだほうが・・。」と同僚が提案してくれたが、
しばらく耳鼻科には行ってなかったため、薬はもちろん持っていなかった。

「今日の帰りに薬を買って飲むわ。」と言ったが、
相変わらずくしゃみは止まらない。
「ハックション!」
「・・・。今日はもう帰ったほうがいいですよ!」
同僚の勧めもあり、その日花粉症が再発した私は仕事を早退することになった。

○そんな年もある
結局私は帰りがけにアレルギー性鼻炎の市販薬を購入した。
服用すると、症状はすぐに治まった。
「でも、何かくやしい!!!」と、私は納得がいかなかった。

しかし冷静に考えると、今回のことで仕事に影響も出て、同僚に迷惑をかけてしまったわけで、
このままで終わっていいわけがなかった。

何が悪かったのか?、と思ったが、何が悪いわけでもなかった。
その年はたまたま花粉が特に酷い年だったので、
さすがに「鼻うがい」だけではアレルギー性鼻炎を抑えるのが難しかった、それだけのことだった。

だから私はそれ以来、あまり花粉が酷い年には無理せず早めにアレルギー性鼻炎の市販薬を服用することに決心した。
くしゃみが止まらず、周囲に迷惑をかけるのはもうコリゴリだから。