しんどいので横になった状態で点鼻薬をすると悲惨なことになる

2020年4月16日

花粉症で鼻詰まりがあると使う点鼻薬についての失敗体験談をご紹介します。

点鼻薬との出会い
初めて花粉症かも?と思い耳鼻科に行き点鼻薬をもらいました。
初めのうちは使い方に不安もありしっかりと使用方法を熟読してから点鼻薬をつかっていました。
点鼻薬を使うと鼻詰まりが収まりぐっすり寝れたり仕事にも集中できこんなに鼻詰まりが解消される事が何事にも集中できるようになるのだとすごく感動したのを今でも覚えています。
私は花粉症ということを認めたくなく、数年間は風邪かな?とその場しのぎで風邪薬を飲んで凌いできましたがこんなにスッキリできるのであればもっと早くから耳鼻科へ行っておくべきだったと後悔しました。

点鼻薬の使用になれてきて
点鼻薬を使い初めの頃は使用方法の紙を見ながら合っているかどうか確かめつつ使用していましたが点鼻薬が3本目ともなると使用方法の紙を見なくてもしようできるようになりかなりなれてきていました。
使う頻度も初めの頃に比べれば増えてきていて常時鞄の中に入っているような状態で鼻が詰まってきそうだと感じたタイミングで使用するようになっていました。
使用するとやはり鼻通りがよくなり心地よく過ごすことができていました。

点鼻薬に溺れる!
点鼻薬の使用も当たり前になっていた頃秋の花粉症がやってきて行きつけの耳鼻科へいつもの点鼻薬を処方してもらいに受診しに行きました。
症状はいつもの鼻詰まりと鼻水かなり息苦しいので無くなってしまわないよう2本処方してもらいました。
その日は点鼻薬をして寝たのにも関わらず寝ている最中に鼻通りが悪くなってきました。
点鼻薬を2本処方してもらっていたので一本は鞄にもう一本は頭元に置いていました。
いつもなら上半身を起こして点鼻薬を使用するのですがこの日に限って眠気が強く体を起こさず横になったまま点鼻薬を使いました。
いつも通り勢いよくシュッと鼻の中に点鼻薬を入れた瞬間薬がドバッと点鼻薬を入れた鼻の反対の穴や口や目からも大量に吹き出しました。
鼻と口が一気に塞がったことで息が出来ず咳が止まりませんでした。まさに点鼻薬に溺れるとはこのことです。
鼻はツーンと痛みが取れず咳は止まらず目からも点鼻薬が出てきてヒリヒリするし息はままならない状態でかなり辛かったのを覚えています。

点鼻薬は必ず上半身を起こした状態で
点鼻薬に溺れてからはかならず使用方法を守るようになりました。どれだけ夜眠気に襲われていようと上半身はかならず起こした状態で息を止めシュッと点鼻薬を使用するよう心がけています。
点鼻薬の種類にもよるとは思うのですがスプレータイプは横になっていても大丈夫かな?と思うタイミングもあるのですが点鼻薬に溺れる恐怖が蘇り体が辛くても起き上がり使用するようにしています。
反対の鼻の穴から出てくる事があったとしてもまさか口や目の涙腺からも吹き出すことになるとは夢にも思わなかったので本当に辛い体験になりました。
くれぐれも横になりながら点鼻薬を使わないようにご注意ください。