花粉症に檜風呂はよくない?

2020年4月15日

温泉好きで隣の県が群馬県という事もあって日帰り温泉によく行ってました。群馬県は日帰り温泉もかなり安くて数百円で入れる所がほとんどです。しかし医学的にそうなのかは解りませんが、いつものように温泉に入って翌日になってみるとえらい事になっていました。体験をもとにお話します。

<檜風呂はよくないのか?>

私は杉と檜両方のかなり重度な花粉症です。毎年花粉症には大変困っておりますが、丁度春になった事もありやや遠出の温泉に行く事になりました。とある日帰り温泉で露天風呂が檜風呂でした。いつものように温泉に入って、仕事の疲れを癒してしました。丁度桜が咲き始めた頃だったと思いますが、その日は普通に温泉を楽しみ帰宅しました。いつもの通りなのですが、翌日なんだか様子がおかしいのです。嫌に顔が腫れぼったく、なんだかだるいのです。目が覚めて下に降りて仕事へ向かおうと思いましたが、歯を磨こうと鏡を見ると目の周りがボクシングで打たれたようにはれ上がっているではありませんか。母も洗濯ものを取りにやってきて顔みたとたん驚いた顔をして、顔の状況に右往左往しいました。今は檜風呂が要因では?と思うよになりましたが、当初悪いもの食べた副作用みたないなものか?と思いましたが、特に思い当たる要因は見当たりません。しかも熱があるようで風邪でもひいたのかな?と思い熱を測ると38度近くあります。仕事を行ける状態ではない事は明白ですが、この日は仕事で大事な会議もありました。とにかく連絡をするのですが、悲惨な事にずる休みとかんぐられてしまいました。花粉症でこれまで熱が出る事はありましたが、どうも檜の成分に問題があったのではと前日に入った露天風呂について記憶を巡らせる事になりました。まさかとは思いますが、檜風呂に入っただけで、アレルギー反応があったと思うのは考えすぎなのか、とにかくそれ以外に要因が見当たりませんでした。目の周りなので目がほとんどあかないので大変な目にとにかくあいました

<病院へ行き事情を話すと>
詳しい事はよく分かりませんが事情を話すと先生もはっきりとした回答があった訳ではありませんが、ステロイドをとりあえず処方されて徐々に症状は回復していきました。俗に蕁麻疹のような症状ではなく、漆にかぶれたような状況から関連性を否定できない事も事実です。花粉症でない時期には檜風呂でこれ程の症状になった事はありません。花粉の時期に抗体が活発になってアレルギーを起こしたとしても不思議はありませんが、檜成分そのものにもしかすると要因があるのかもしれません。

<この教訓をもとに>

花粉症時期には檜風呂を避けて日帰り温泉を楽しむ事にしました。その後何も問題もなく温泉を楽しむ事になりました。幸いだったのが、車運転中に症状が出なかった所です。かなり距離がありましたから、意識が朦朧とした状況は危険だったと思います。失敗を予知できる話ではありませんが、教訓としてこれからも気をつけていこうと思います。