ヨーグルトにはちみつをかけたものを毎朝食べることで、腸内環境をととのえ、花粉症を治す

2020年4月15日

私は今大学生で、花粉症ではないのですが、子供のころは重度の花粉症でした。よく花粉症が治ったというと周りに驚かれますが、花粉症も病気の一種なので、治るということは十分に起こりえると思います。しかも私の場合は特に薬などを飲むことはなく食生活に気を付けるだけで治ったので、皆さんにお勧めしたいと思います。

小学生から中学生の時は春の花粉の時期の花粉症がとてもひどく、くしゃみ、鼻水、が止まらないのでマスクが手放せませんでした。学校でも授業中にくしゃみをしたくなってしまうのと、鼻水が止まらないのを我慢するのがとてもつらかったです。くしゃみや鼻をかむ音を立てるのが子供ながらに嫌だったので、マスクの下でティッシュを丸めたものを鼻に詰めるとか、いろいろな方法を試したものです。
私の花粉症の症状は朝起きて窓を開けた時からすごく、朝ごはんの時からとても花がかゆかったのを覚えています。

しかし、そんな私が花粉症になったきっかけがあります。私が小中学生くらいの時、朝ごはんを家族全員で大体同じ時間に食べていたのですが、私の家族の中で花粉症なのは私と母親で、父親と妹は花粉症ではなかったのです。それはなぜだろうとずっと考えていて、ある日気づきました。朝ごはんとして私たちは全員同じものを食べていたわけではなく、父と妹はヨーグルトにはちみつをかけたものを食べていたのです。私はヨーグルトの酸っぱさががあまり好きではなかったので、代わりに牛乳を飲んでいました。私はそれが原因なんじゃないかと考え、その日から朝ごはんにはちみつをかけたヨーグルトを食べるように変えました。すると、高校に上がるまでには、ずっとつらかったくしゃみ、鼻水の症状が嘘のように消えたのです。もう一つうれしいことに、花粉症が治っただけでなく、私のヨーグルト嫌いもその一年間で治りました。嫌いなものでも毎日薬だと思って食べ続けることで、舌が慣れたんですね。今では毎日ヨーグルトを食べることに幸せを感じています。
高校生になって花粉症の症状が消えてからは、花粉の時期もマスクを着けずに過ごせるようになりました。そこで、この方法が花粉症を治すことに役立ったんだと確認できました。後から調べたことですが、腸内環境と免疫力は密接にかかわっていて、免疫力がつくと風邪をひきにくくなるだけでなく、花粉症にも効果があるそうなのです。そして、腸内環境を整えるためにはやはり食生活を改善することが欠かせないのです。

この方法をつづける期間についてですが、私は花粉症の症状がとても嫌で、何としても直したかったので、朝にヨーグルトと蜂蜜をとる、ということを花粉症だった時期からその次の春まで一年間続けていました。しかし、8週間くらい乳酸菌をとり続けると花粉症の症状がだいぶ緩和されるそうです。腸内環境を変えるには短期間乳酸菌を含む食品をとっただけでは効果がなく、長期的にとりつづけることが必要となります。

この方法で苦労したことはやはりヨーグルト嫌いを治すことでした。私はまえに書いたように、ヨーグルトの酸っぱさがとても苦手で、それに加えてとろとろとした食感も嫌いだったので、嫌いなものを食べるということがとても苦手でした。ですから、花粉症に聞くんじゃないかという考えが起こらなければ絶対に食べなかったと思います。しかし、父親からヨーグルトには乳酸菌が含まれているから牛乳よりも健康にいいという話と、グラノーラと一緒に食べるとおいしいと聞いたことと、はちみつは好きだったので、ですが、最初はグラノーラにヨーグルトをかけ、はちみつをたっぷりとかけて食べることから始めました。これが思ったよりもおいしく、毎日続けるきっかけとなりました。毎日食べ続けないと、体の中の乳酸菌が消えてしまうと、そのときのわたしは考えていたので、毎日食べることに決めていましたが、食べ続けているうちに、不思議とヨーグルト自体を好きになっていました。

この方法は、ヨーグルトが好きな人にとってはとてもうれしい方法です。ヨーグルトにはちみつをかけたものを食べるだけで花粉症が治るのですから。気を付けるとしたら、毎日欠かさず食べるということです。腸内環境を変える、体質を変えるには一定期間が必要だからです。私のように1年間食べ続ける必要はないと思いますが、花粉症の季節になる1か月前くらいから、毎日とり続ければ、花粉症の症状がだいぶ出なくなるのではないでしょうか。毎日ヨーグルトばかりでは飽きるという方は、私がやっていたように、グラノーラと一緒に食べたりとか、バナナをのせたりプルーンをのせたり、色々と変化を加えてみてはいかがでしょうか。また、今回ははちみつがけヨーグルトをお勧めしましたが、納豆やキムチなどの食品にも乳酸菌が含まれています。ですので、ヨーグルトはどうしても食べられない、朝は和食というかたは、これらの食品をとってみたらいかがでしょうか。それから、はちみつ好きな私からですが、はちみつはとても甘い割に砂糖よりもGI値が低いので、血糖値があがりにくく、ダイエットにもいいそうです。ヨーグルトだけなくパンにかけても、ホットドリンクに入れたり幅広く使えるのでとてもおすすめです。
花粉症を本気でなおしたければ、食生活を見直し、腸内環境を整えるためにはちみつがけヨーグルトを食べましょう!